このページを印刷する

千本釈迦堂 大報恩寺「みどころ」

京都市内(京洛)最古の木造建造物(国宝)千本釈迦堂 大報恩寺について

大報恩寺は、鎌倉時代の承久3年(1221)に義空が開いた真言宗智山派の仏教寺院で、千本釈迦堂とも称される長い歴史を持つ由緒あるお寺です。

安貞元年(1227)に建立された本堂は、幾多の戦火を免れ、800年近く経った今も当時のまま残る京都市内(京洛)最古の木造建造物として国宝に指定されています。

また、新西国三十三(観音、十六番札所)、近畿十楽観音霊場二番札所、京都十三佛霊場第八番札所、数珠巡礼会と、4つの霊場札所があることでも知られています。

京の師走の名物行事~成道会と大根焚き~京の師走の名物行事~成道会と大根焚き~

大報恩寺の第三世慈禅上人(じぜんしょうにん)によって創められた「成道会」は、お釈迦さまの「おさとりを開かれ日」を慶讃して毎年12月7日と8日に盛大、かつ荘厳に行われています。

「成道会」は、お釈迦様が修行中に悪魔の誘惑に負けず、12月8日の夜明け前に明星出現と同時に「さとり」を開かれた事にあやかって、それから後、法要の度に、4本の大根を縦半分に切って8本とし、切り口に釈迦の種子(梵字)を書いて供え、参詣者への「悪魔除け」とされました。

その後「悪魔除けの大根」は、他の大根と一緒に炊き上げて、参詣者に振る舞われたのが「大根炊き」のはじめと言われています。

今に伝わる「大根炊き」には、「諸病、悪病」を取り除き、健康増進を願う信徒の皆さんによって継続され、12月7・8日の両日には法要を行い、味付けして煮込んだ大根をご来場の皆さんと共に頂いています。

夫婦円満「おかめ物語」夫婦円満「おかめ物語」

大報恩寺にお参りすると、境内にある「おかめ塚」に因み、“縁結び” “夫婦円満” “子授け” にご利益があると言われています。

「おかめ」は本堂建築で棟梁を務めた大工「長井飛騨守高次」の妻。
高次が重要な柱の寸法を間違えて短く切り過ぎた際、枡組で補えば良いと助言して、窮地を救いながらも「専門家でもない女性の知恵で棟梁が大仕事を成し遂げたと言われては夫の恥」と上棟式を迎える前に自害した愛妻「おかめ」の物語が伝わる、全国のおかめ信仰の発祥となっています。

有名な「おかめ」のふくよかな笑顔は明るい人柄を今に伝えています。

悲話の主人公「おかめ」の“助け合う円満な夫婦であり続けたい”という強い思いがお参りする人を応援してくれるのかも知れません。

快慶・定慶を肌で感じる 寺宝・重要文化財

国宝に指定された本堂や鎌倉時代を代表する有名な仏師たちの仏像が揃った大報恩寺。日本の宝とも言うべき寺宝として、歴史に名を刻む仏像の数々があります。

行快作「本尊釈迦如来像(秘仏)」や、快慶作「十大弟子像(十躯)」、定慶作「六観音菩薩像(六躯)」など、重要文化財の仏像彫刻が多数納められています。

国宝 本堂

安貞元年(1227)に建てられた本堂は、創建時のままのもので、応仁の乱・文明の乱でも奇跡的にも災火を免れた京洛最古の建造物として国宝に指定されています。この本堂が「おかめ塚」の逸話の舞台でもあります。大きな柱を見上げると、長い歴史と建築の美に感動するとともに、おかめと高次の夫婦愛も思い出されます。

定慶作「六観音像」(重文)

運慶の弟子である定慶の作で、聖、千手、馬頭、十一面、准胝、如意輪の六体の観音様で、六道信仰に基づいて作られた仏像で、全国で唯一の六体一同に安置されている観音様を拝むことができます。

快慶作「十大弟子像」(重文)

運慶と並ぶ鎌倉時代の2大仏像彫刻家である快慶作の釈迦「十大弟子」像が10体揃って残されています。像の大きさはいずれも約90cmで玉眼入りの木造彫刻です。大報恩寺の本尊・釈迦如来(秘仏)が快慶の弟子行快作であり、ここに快慶の師弟が心をこめて合作した一群の像を拝むことができます。

当寺最寄りのおすすめスポット

上七軒(かみしちけん)

上七軒(かみしちけん)

上七軒(かみしちけん)

京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街で、室町時代に北野天満宮の再建の際に残った機材を使って7軒の茶店を建てた。これが「上七軒」の由来で、桃山時代に豊臣秀吉が北野で大茶会を開いた折に茶店側は団子を献上したところ大いに誉められて以来、また西陣の結びつきで花街としての繁栄を極めています。

公式サイトへ

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

京都市上京区にある神社。旧称は北野神社。通称「天神さん」「北野さん」とも呼ばれます。福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めています。当寺からは、上七軒を抜けて徒歩5分に位置します。

公式サイトへ

平野神社(ひらのじんじゃ)

平野神社(ひらのじんじゃ)

平野神社(ひらのじんじゃ)

京都府京都市北区にある神社。神紋は桜で、今も桜の名所として名高く、平安時代の中ごろ花山天皇によって境内に数千本の桜が植えられたのが起源で、寛和元年(985年)4月10日に臨時勅祭が開かれ、平野桜祭りとして今に残ってます。

公式サイトへ

札所のご案内札所のご案内

当寺は以下の霊場に属しております。
それぞれの札所をお参りする事で、御朱印の付いた御札をいただき、信仰を深め、御祈願をいたします。
今風に言えば、寺院巡りのスタンプラリーのようなもの。

交通のご案内

アクセスマップ

⇒ Google Mapで見る

千本釈迦堂 大報恩寺
(せんぼんしゃかどう だいほうおんじ)
〒602-8319 京都市上京区七本松通今出川上ル
TEL:075-461-5973/FAX:075-461-5974

<拝観時間>
9:00~17:00
※ひと通り拝観される場合、所要時間の目安は約60分です。
<電車・バスの場合>
○ JR京都駅から 市バス「50」(立命館大学前行)上七軒下車
○ 阪急烏丸駅・大宮駅から 市バス「203」(御室仁和寺行)上七軒下車
○ 地下鉄今出川駅から 市バス「203」(銀閣寺行)上七軒下車
○ 京阪出町柳駅から 市バス「203」(銀閣寺行)上七軒下車
<自動車の場合>
京都市街の北西部にあたる今出川通上七軒から北へ約200メートル。
西門より境内に入ります。
※境内の駐車場は無料です。(バス6台、乗用車25台)